Menu

Q&A

Home
Q&A│福岡市中央区天神の博多屋台さつまや/博多ラーメン やきとり

Q&A 「屋台って何となく入りにくいよね」と思われているあなたへ。

   お休みを教えてください。

    基本的には日曜日ですが、大将の気まぐれで日曜日も開けている時があります。
    そんな日は大将のご機嫌もかなりいい時なので、いつもよりも話が弾むのでは?
    ぜひ前を通ってみてください。お電話で確認頂いても結構です。

   何時まで開いてるの?

    平日は3時頃までやってます。とは言っても閉店時間は大将の気分次第なので、
    遅い時間でも一度覗いて声をかけてください。
    よそで飲んで最後にラーメン一杯だけというお客様でももちろん大歓迎です。
    ちなみに開店時間は夕方6時30分です。

   一番のお薦めって何ですか?

    全部って言いたいとこやけど、あえてあげるなら地鶏の炭火焼やね。
    うちのメニューのなかじゃあ、一番注文が多いね。
    おなかがすいとうお客さんならやっぱりラーメンやないと?
    まぁ、詳しくはメニューのページを見てみんね。
    あっ、忘れとった。それよりもうちの売りは軽快な大将のトークたい!(笑)

   屋台の一人単価ってどのくらい?

    だいたいやけど、1500円から2000円ぐらいやね。
    2000円もあればおなかも膨れていいぐらいに酔えるっちゃないと。

   いつ頃からあるの?

    先代大将がここ天神に屋台を始めたのが1969年やけん、もうすぐ40周年やね。
    その頃から通っていただいているお客様もいらっしゃいます。
    そんなお客さんとのの出会いも楽しんでは?
    大将も知らない面白い昔話も聞けるかもしれませんよ。
    現在の大将に代替わりしてからもう10年になりました。
    これからもずっとがんばりますので、どうぞごひいきに。

   大将って何でマラソン始めたの?

    自分を見つめ直したいから(笑)

   屋台って何人ぐらい入れるの?

    15人ぐらいですね。
    キャパは少ないですが、その分初めて出会うお客さんとすぐ仲良くなれて楽しいですよ。
    いろんな出会いがある所が屋台の魅力の1つです。

   屋台って昼間はどうなってるの?

    昼間は専用の駐車場みたいな所があって、昔からそこにお世話になってます。
    何台も一緒に停まっとうけん探してみるのも楽しいっちゃない?
    場所は屋台に来たとき教えちゃあね。
    ヒントはここから歩いて5分ぐらいの所やね。
    そこから車で引いてきてここで毎日組み立てとうとよ。
    6時ぐらいに来たら組み立てる所が見れて面白いかもね。
    時々観光客の方も写真撮っていかれるもんね。
    「へぇ〜、こんな風にして屋台ってたたまれてんの。」って、よく言われます。
    初めて見る方とか結構驚きよんしゃぁもんね。
    閉店後も折り畳んだ後道路もきちんと掃除して帰るけん。
    街を毎日美しく磨き上げる事が、使わせてもらってる我々の、博多の街に対する恩返しやね。

   なんで博多なのにさつまや(鹿児島)なの?

    先代(今の大将の両親)が鹿児島の垂水から出てきてこの博多で屋台を始めたのが約40年前。
    その初心を大切にするために、故郷の「さつま」を屋号にしています。
    その1年前に今の大将が生まれたんで、
    「さつまや」の歴史は大将と同じだけ時を刻んでいるんですね。

   電気、水道はどうしてるんですか?

    びっくりするかもしれんけど、博多の道路には隅っこに専用の電気コンセントがあるったい。
    水道も専用の蛇口があってうちの屋台のメーターがちゃんとあるったい。
    優しい街やね、博多って。

Q&A
さつまやは福岡市中央区天神1丁目(渡辺通沿い 福岡銀行 天神町支店前歩道)にて営業している屋台です。